指導方法は変化しないものの受験科目が増える可能性はある

 数多くある教育ニュースの中で、2020年に行う教育改革は、学校関係者など教育に携わる人にとって影響の大きいものとなります。一言で言うと、知識及び技能を一方的に伝える教育から、生徒が自主的に考え、学ぶための教育カリキュラムに変革するというものです。こういった教育方法は、進学を前提とした中高一貫校に入学するための中学受験対策の中で身につけられることとして一般的に知られています。そのため、指導塾における中学受験の指導方法に関しては、直ちに影響を与えるものではないと予想されます。

 一方で、教育改革により中学受験に影響の出る科目も出てくる可能性はあります。小学校で学習できる科目が増えることと関連して、小学校高学年以上では英語を始めとした外国語が必修となるからです。中学受験の場合、国語や社会、算数及び理科という、小学校で学んだ科目から出題されます。そういったことから、試験科目としての外国語は、帰国子女枠の中でのみ課されることが一般的となっています。大学受験では英語が受験科目となっているように、数年後は外国語も受験科目の中に組み込まれることが想定されます。

 そのため、塾での指導現場においては、英語を始めとした外国後の指導に適した人材を確保することが求められると予想されます。